エージーホーム > 株式会社エージーホームのスタッフブログ記事一覧 > 陽当たりが良い条件とは?各方角のメリット・デメリット

陽当たりが良い条件とは?各方角のメリット・デメリット

≪ 前へ|マイホームの寒さ対策♪熱を逃がさない工夫とは   記事一覧   火災保険だけではカバーできない!地震保険をかける必要性とは|次へ ≫
カテゴリ:不動産コラム



たくみ

マイホームを購入するとき

やっぱり陽当たりの良さは気になったんだなぁ



ななみ
わたし、明るくて温かいお部屋が大好きだから南向きにこだわったけど
実際、他の方角だとどうだったのかしら ね?


AGhome
実は、陽当たりが良くなさそうな南向き以外の方角でも、それぞれ特徴があり使い勝手が良い場合があります。
今回はマイホームのご購入を検討されている方に向けて、陽当たりに関する方角によるメリットやデメリットを簡単にご紹介いたします。

\新築戸建 仲介手数料最大0円/

弊社へのお問い合わせはコチラから



陽当たりの良い方角や日照条件とは


陽当たりの良い方角や日照条件とは



ななみ
陽当たりって建物の向きだけじゃなくて、
・時間帯
・季節ごとの日差しの角度
・周辺の建物などの環境
によっても大きく変わってくるのよ ね?

AGhome
戸建て住宅の場合、その土地の陽当たりはどの方角が道路に接しているかによって決まります。
一般的には、道路が土地の南側にある南向きの家が陽当たりが良いと言われています。

陽当たりの良い家の条件


・家の間取りや窓の大きさなど陽当たりを考慮されている
・南側に大きな建物がなく、建物との間隔が広い
・西日などの不要な日差しが入らない

このような条件を満たす家は陽当たりが良い家と言えます。

陽当たりをチェックする時は一日のうちに時間帯を変えて見に行ったり、他の季節の日差しの角度などを考えて確認しておくと良いでしょう。


南向き以外はどんな感じ?各方角のメリット・デメリット



たくみ

朝日を浴びながら朝食を食べると気持ち良いんだなぁ




AGhome
そうなんです。
南向き以外の家でも陽当たりが悪いのかというと実はそうでもありません。
南向きではないお家はデメリットが多い印象がありますが、実はメリットも多くあるんですよ。
次に、方角別にそれぞれのメリットデメリットをご紹介します。

東向きの場合


メリット
●朝、陽当たりが良く室内が明るい
●朝早くから洗濯物も干しやすい
●冬は午前中は部屋が温まりやすい

デメリット
●夕方から暗くなるのが早い
●夏は朝から日差しが強い

西向きの場合


メリット
●午後からの日照時間が長いので洗濯物や布団を干しやすい
●夕日を眺めることもできる
●冬は午後から陽当たりが良く暖かい時間が長い
デメリット
●西日が差し込むため夏は日が落ちるまで暑い
●間取りによっては夕方テレビが見づらいこともある

北向きの場合


メリット
●日光によるインテリアの劣化が少ない
●夏は比較的お部屋が涼しい
●北側道路の場合、南向きリビングにすることで外からのプライバシーを確保しやすい

デメリット
●日中でも室内が明るくなりにくく、照明をつける時間が長くなる
●冬は比較的お部屋が寒い


まとめ


南向きの家はやはり陽当たりが良いですが、他の方角でもそれぞれにメリットがあります。
ライフスタイルや家族の好みによって向き不向きがあるので、自分たちにあった家の向きを選ぶと良いですね。

AGhome
エージーホームでは新築一戸建てを仲介手数料最大0円にてご紹介しております。
マイホームへのこだわりをぜひお聞かせくださいませ。
ご来店・お問い合わせお待ちしております!


\新築戸建 仲介手数料最大0円/

弊社へのお問い合わせはコチラから





↓↓合わせて読みたい記事↓↓



======================================
AGhome 株式会社エージーホーム  
〒186-0003 
東京都国立市富士見台2-8-4カスティージョ国立1階  
TEL:042-505-9437  FAX:042-505-9457 
E-mail: aghome@ray.ocn.ne.jp
======================================

筆者:小田

≪ 前へ|マイホームの寒さ対策♪熱を逃がさない工夫とは   記事一覧   火災保険だけではカバーできない!地震保険をかける必要性とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

小田祥功 最新記事



小田祥功

賃貸・ブログなど担当してます。 いろんな写真を撮っています、是非ご覧下さい。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る