エージーホーム > 株式会社エージーホームのスタッフブログ記事一覧 > 家族が集まるリビングルームが2階にあると?

家族が集まるリビングルームが2階にあると?

≪ 前へ|エージーホームのコロナ対策について   記事一覧   生活の満足度がアップする♪マイホームのおすすめ設備|次へ ≫
カテゴリ:不動産コラム

2階リビング・国立市・不動産・エージーホーム・ライン・LINE・富士見台・谷保・中央線・南武線・仲介手数料無料・新築戸建・中古マンション・土地



マイホームの購入を考える時、特にリビングルームを重視して住まい選びをされる方が多いのではないでしょうか。

特にファミリーの方が一戸建てのご購入する際は、家族団らんでくつろげるリビングルームは重要な場所となるでしょう。
最近では、選択肢のひとつとしてリビングを2階にしている家が増えています。
購入してから失敗しないためにも、2階リビングのメリットやデメリットについて見ていきましょう♪

\新築戸建 仲介手数料最大0円/

弊社へのお問い合わせはコチラから




リビングを2階にするメリットとは?


リビングを2階にするメリットとは?



住宅地など、家屋が集まっている地域では通行人の視線が気になることが多いです。
快適なマイホームを建てるには、限られた土地で間取りを工夫して家を建てることが求められ、リビングルームを2階にする家庭が増えています。


陽当たり良好♪


2階リビングの最大のメリットは、日当たりがとても良くなるところです。

1階よりも2階部分に日光の差し込む時間が長いので、十分な採光を確保することで明るいリビングルームになります♪


眺望・開放感が良い2階リビング


2階は視界を遮る物が1階より少ないので、大きく窓をとることで開放感がある空間を作れます。
お隣さんやご近所さんの視線を気にせずに、開放感のあるリビングルームでゆったりくつろぎたいですね♪


天井が高い気持ちの良いリビング


天井が高い気持ちの良いリビング



・天井のデザインを工夫して勾配をつける。
・吹き抜けを作ることで開放感があるリビングになる。

工夫して設計することで空間を最大限に活用できるのは2階リビングの特徴です。


ロフトが使いやすい


あこがれの1つロフト。高さがある天井とロフトは相性が良いです。
ロフトはちゃんと整理しておかないとうまく活用できず、物置状態になりがちです。
2階のリビングですと出し入れがしやすくなり、使いやすくなるのがメリットです♪
2階リビングのお家ではロフト収納を有効活用して生活することができるかもしれません。


子育てファミリーに向いてる2階リビング


子育てファミリーに向いてる2階リビング



2階リビングが増えている理由のひとつに、子育てファミリーに適しているという背景があります。
2階リビングは、なぜ子育てファミリーに向いているのでしょうか?


お子様も大満足♪居心地の良い2階リビング


日当たりが良く室内が明るくなる2階リビングでは、景色や風通しも良いので快適に過ごすことができます。

リビングで家族と過ごす時間が長い小さな子どもにとって快適な空間は居心地が良くなります。

リビングルームのテーブルで宿題をする子どもにとっては、勉強がはかどり集中できる時間も長くなると言われています。


家族が集まる♪心地が良い2階リビング


快適な空間で隣近所の目も気にならない2階リビングは家族が集まる傾向にあり、
子どもに限らず、親もリビングで作業をするとはかどることもあり、家族でいる時間が自然と増えます。
子育てファミリーにとって、2階リビングは満足度はとても高いです。


耐震性が良くなる!家族を守れる!


1階に部屋が増えると、下の階に壁や柱が増えることとなることから、必然的に家の構造が強くなります。
2階リビングのお家は耐震性が向上し、家族を守ることにも繋がります。


リビングを2階にするデメリットとは?


リビングを2階にするデメリットとは?



快適に思える2階リビングですが、デメリットもございます。

つきまとう階段の上り下り


2階のリビングに上がるために必ず、階段を上り下りしなければならないので、負担といえそうです。
特に買い物から帰った後に荷物を2階まで運ぶのは一苦労です。

来客があった時もわざわざリビングから玄関まで下りていかなければならず、移動距離も長くなります。

長期的に考えて老後になっても暮らしやすいか考えてみることも2階リビングを選ぶうえで重要になります。


暖かい空気は上に昇る


陽当たりが良いことが嬉しい反面、夏場は陽当たりがよすぎて熱気がこもってしまう可能性があります。
温かい空気は上に昇っていくため、1階リビングよりは暑くなってしまうことを覚えておきましょう。
暑さに弱いペットと暮らしている場合は、冷房などの工夫が必要です。


子どもの動きがみえにくい


2階の大部分をリビングルームにする場合、その他の部屋は1階になります。
子ども部屋も1階になってしまうため、間取りや環境によっては日当たりの良くない子ども部屋になってしまうケースがあります。
さらに、2階にリビングがあるため1階の様子が確認しにくいので、子どもが帰宅した事に気がつかなかったり、外へ遊びに行く時もいつ出て行ったのかわからなかったりする傾向にあります。
子どもたちとコミュニケーションを意識した、子ども部屋の配置を考えましょう!

リビングに加えて2階に1部屋あると使い勝手が良いかもしれません。


庭を使わなくなってしまうことも…


リビングの位置を考える際、日頃メインに使うのがバルコニーなのか庭なのかという点が重要になってきます。
2階リビングはバルコニーとの繋がりが良く、ちょっとしたガーデニングや小さなお子さんのプール遊びの場所として便利に活用できます。
バーベキューが好きな方にもバルコニーはおすすめでき、台所から調理道具や食材などを運ぶのがとてもスムーズになります!
しかし、庭を使う機会は減ってしまうので、本格的な家庭菜園をしたい方の場合、2階リビングは不向きと言えるかもしれません。


まとめ


今回は、2階リビングについてメリットとデメリットをご紹介しました。

マイホームを購入するなら、居心地が良い住まいにしたいところです。
家族が集まるリビングルームはとても重要な場所ですので、揃ってくつろげる様なお家を設計できたらいいですね。

エージーホームではお客様のご要望に沿う物件をお探ししたいと思っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


\新築戸建 仲介手数料最大0円/

弊社へのお問い合わせはコチラから






======================================
AGhome 株式会社エージーホーム  
〒186-0003 
東京都国立市富士見台2-8-4カスティージョ国立1階  
TEL:042-505-9437  FAX:042-505-9457 
E-mail: aghome@ray.ocn.ne.jp
======================================

 
≪ 前へ|エージーホームのコロナ対策について   記事一覧   生活の満足度がアップする♪マイホームのおすすめ設備|次へ ≫

小田祥功 最新記事



小田祥功

賃貸・ブログなど担当してます。 いろんな写真を撮っています、是非ご覧下さい。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る