エージーホーム > 株式会社エージーホームのスタッフブログ記事一覧 > 子供部屋のメリット・デメリット

子供部屋のメリット・デメリット

≪ 前へ|マイホーム購入前の周辺環境チェックポイント   記事一覧   土地を選ぶときに知っておきたい「建ぺい率」と「容積率」|次へ ≫
カテゴリ:不動産コラム

子供部屋・メリット・デメリット・国立市・不動産・エージーホーム・ライン・LINE・富士見台・谷保・中央線・南武線・仲介手数料無料・新築戸建・中古マンション・土地



こんにちは。エージーホームの小田でございます。

マイホームの間取りを考えるときの悩みの1つ『子供部屋』
・小さくても子供部屋が必要か
・いつから子供部屋が必要になるのか など…
色々と考えてしまうことも少なくありません
 
今回は、子供部屋のメリットやデメリットについてご紹介いたします♪


\新築戸建 仲介手数料最大0円/

弊社へのお問い合わせはコチラから

 

子供部屋があることのメリット 


子供部屋があることのメリット




子供の自立心を育てることができる


自立心を育てることができることは子供部屋の最大のメリットです。
遊んでいたおもちゃを出しっぱなしにしていたら、次に別の遊びをしたいときに邪魔になってしまいますよね。 
片づけていないおもちゃを踏んでしまって、痛い思いをすることもあります。
そんな経験から、子供はモノを片付ける能力を学ぶようになります。
 
日ごろから片付ける習慣が身についていると、大人になっときに片付けができるようになりますね♪

 

想像力が身につく


自分の部屋で生活しているうちに部屋を「自分好みにしたい」と思うようになり、居心地のよい空間にするようになるとも言われています。
部屋に置く物の色合いや完成した配置をイメージすることで想像力も育くまれます。

 

リビングがキレイになる


子供部屋がない場合、リビングにおもちゃや教科書などで溢れかえることもちらほら…
子供の勉強道具や洋服などをすべて子ども部屋に収納することで、リビングがスッキリするのも大きなメリットです♪ 
リビングルームはキレイにしてくつろげる空間にしたいところです。
 

プライバシーを保てる


子供部屋があると、一人で過ごせる時間と空間が手に入るのも大きなメリットです。
友達が遊びに来たときも子供部屋があれば、他の家族に迷惑をかけずに楽しく遊ぶ事ができます。
思春期になると、ストレス解消やリラックスする必要性がでてきて、ひとりになれる部屋があることでプライバシーが保たれます。
ひとりの時間ができることは、子供にとって大きなメリットです♪
 
 

子供部屋があることによるデメリット


子供部屋があることによるデメリット




メリットを見てきましたが、デメリットについて知っておくことも大切です。


子供が一人で何をしているか分からない


子供が部屋で何をしているのか把握しにくいということはデメリットの1つです。
この事から、子供部屋を与えることに躊躇する親御さんが多いようです。
 
・子どもが部屋に閉じこもってしまうのではないか
・気付いたらお部屋が散らかっている
・おもちゃなどが近くにあると勉強に集中できない
と心配する点もあります。
  
親御さんのフォローが必要なお子さんですと リビングをうまく活用することでうまくいくこともあります。
・リビングで勉強や遊びをすることで、適度な緊張感を保てる
・リビングで勉強すると少しの音も気にならなくなる集中力がつく など…

子供の性格や成長にあわせて適した環境を考えて、子供部屋を検討すると良いと思われます。


小学校高学年から中学生くらいになると、思春期や反抗期を迎えるため、1人の時間や空間が欲しくなるお子さんが多いようです。
心も体も成長してくる年頃では、平気だったことが「恥ずかしい」と感じたり、些細な事で怒ったりすることもしばしば…

 

自然とコミュニケ―ションが取れるお家 


自然とコミュニケ―ションが取れるお家




お子さんとの接し方で悩むことが多くなる時期でも、
間取りを一工夫すると自然とコミュニケーションが取れることもあります。


リビング階段があるお家


自分の部屋で閉じこもることが心配になるご家庭では、リビングを通過してからでないと部屋に行けないリビング階段にするなど、間取りを工夫しましょう。 
部屋に行くまでにリビングを通ることで家族との会話も自然に増えるのでオススメです♪


スタディカウンター


リビングにスタディカウンターがあると勉強するときに教科書などが散らかりにくくなり、お子さんを見ながら家事もできるのでオススメです♪

小学生の頃はテレビがあり、家族がいるリビングで過ごす時間が長く、自分の部屋があっても寝る時間以外は使用していないことが多いです。
リビングで勉強をすると捗るという子供も多く、低学年のうちは子供部屋がなくても良いと考えるご家庭もございます。
 

まとめ


お子さんにとっても親にとってもさまざまなメリットがある子供部屋
大きくなると部屋が必要になる傾向にありますので、性格や成長を考慮した間取りを検討しておくと安心ですね。
エージーホームではお客様のご要望に沿った物件をお探ししたいと思っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ♪


\新築戸建 仲介手数料最大0円/

弊社へのお問い合わせはコチラから





======================================
AGhome 株式会社エージーホーム  
〒186-0003 
東京都国立市富士見台2-8-4カスティージョ国立1階  
TEL:042-505-9437  FAX:042-505-9457 
E-mail: aghome@ray.ocn.ne.jp
======================================

≪ 前へ|マイホーム購入前の周辺環境チェックポイント   記事一覧   土地を選ぶときに知っておきたい「建ぺい率」と「容積率」|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

小田祥功 最新記事



小田祥功

賃貸・ブログなど担当してます。 いろんな写真を撮っています、是非ご覧下さい。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る