エージーホーム > 株式会社エージーホームのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建ての寿命はどのくらい?長持ちさせるために大事なこと

一戸建ての寿命はどのくらい?長持ちさせるために大事なこと

≪ 前へ|エージーホームの紹介動画です   記事一覧   マイホームの寒さ対策♪熱を逃がさない工夫とは|次へ ≫


こんにちは。エージーホームの小田でございます。

新築一戸建てのマイホームを購入するとき、その家はいつまで利用できるのか気になるところです。

子どもの代までもつのか?
孫の代までもつのか?
疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。
 
今回は、一戸建て物件の平均的な寿命と物件を長持ちさせるための方法について簡単にご紹介いたします。


\新築戸建 仲介手数料最大0円/

弊社へのお問い合わせはコチラから




木造住宅と鉄筋コンクリート造


日本に多い木造住宅


日本の風土や背景から見ると、森林が多く木材が豊富でコストが安かった点から木造住宅が多いことがわかります。
元々、木材には湿気を吸い取る調湿効果があり、結露やカビの発生を抑えるメリットもありました。


木造住宅のメリットは建築コストが低いところ


木造住宅は鉄筋コンクリート造住宅(RC造)よりも建築費用が安いことがメリットとなっています。
木造住宅の建設に必要な費用は1坪あたり50万円程度*で、
法定耐久年数(耐用年数)については22年とされています。
※平均的な坪単価、土地面積などの条件によって変動します。

しかし、鉄筋コンクリート造住宅を考えると話が少し変わってきます。


コストは高いけど頑丈な鉄筋コンクリート造住宅


一方、鉄筋コンクリート造住宅では1坪あたり100万円程度*で、法定耐久年数(耐用年数)については47年とされています。
※平均的な坪単価、土地面積などの条件によって変動します。
 
つまり、木造とRC造それぞれの1年あたりのコストで計算してみると、どちらも費用的には近いと考えられます。


一戸建て物件を長持ちさせるためにはメンテナンスが重要


先ほど述べた耐久年数についてはあくまでも法的に決められた法定耐用年数です。
実際はそれ以上長く住み続けることが可能となります。

外壁のリフォームは住宅にとって新しい衣服に着替えることと同じで、穴が開いた衣服では素肌が見えている状態、つまり躯体*が見えていることと同じと言えます。
※躯体(基礎、柱、梁、耐力壁、剛床など)

日々の掃除は入浴することと同じで、皮膚を清潔に保つことから腐食からお家を守ることができます。

日々の点検やメンテナンスが大事なことがわかります。 


長期優良住宅


現在は「長期優良住宅」があり、この基準をクリアしている住宅は100年も長持ちすると言われています。

適合するには9項目の審査基準をクリアしなくてならないので、建築時のコストも割高になりますが、この基準に適合すると税金控除を受けられるメリットがあります。

もちろん、この基準をクリアしているからといって100年の使用を保証されるわけではありません。
定期的な点検やメンテナンス・日々の掃除をしっかりすることが、家の寿命を延ばすことにつながります。


まとめ


木造と鉄筋コンクリート造の建築コストに関しては、耐久年数を配慮するとほぼ同等であることがお分かりいただけたでしょうか。
 とは言え、どの構造の建物でも定期的な点検やメンテナンス・掃除が大切になります。
長く住めるように建物を大切に使えると良いですね♪
 
エージーホームでは新築一戸建てを仲介手数料最大0円にてご紹介させていただいております。
提携しているハウスメーカーもございますので、土地の購入からマイホームをご検討されている方もお気軽にお問合せくださいませ。



\新築戸建 仲介手数料最大0円/

弊社へのお問い合わせはコチラから





↓↓合わせて読みたい記事↓↓




======================================
AGhome 株式会社エージーホーム  
〒186-0003 
東京都国立市富士見台2-8-4カスティージョ国立1階  
TEL:042-505-9437  FAX:042-505-9457 
E-mail: aghome@ray.ocn.ne.jp
======================================



≪ 前へ|エージーホームの紹介動画です   記事一覧   マイホームの寒さ対策♪熱を逃がさない工夫とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

小田祥功 最新記事



小田祥功

賃貸・ブログなど担当してます。 いろんな写真を撮っています、是非ご覧下さい。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る